タイムカードアプリはどんな事が出来るの?

勤怠が一括して管理できる

タイムカードアプリは複数の従業員の退勤を管理できるのはもちろんですが、ただ出勤日時と退勤日時を記録できるだけではありません。例えば休憩時間についても記録できるので、休憩を何分とったのか、何時から取ったのかについてもチェックできます。この休憩時間を時給制の仕事の場合は働いた時間から差し引くこともできるので、実際の稼働時間の計算に役立ちますし、休憩を長くとりすぎている人や逆に取れてない人を管理するのにも一役買います。時給制の場合は給与計算の時間単位がいろいろなことが多く、15分単位だったり10分単位だったりしますが、これも自分で設定することができます。最初に設定しておけば後はアプリが自動で端数の時間を計算してくれるので、面倒や計算をすることがありません。

給与計算も自動で連携してくれる

魅力的なのがタイムカードアプリと給与計算が連携して、一か月の勤務日数や勤務時間、さらに給与まで自動で計算してくれることです。ですからわざわざ一人ひとり給与を毎月計算しなくても済むので手間が省けます。時間給や締め日を設定しておくと、自動で全員の給与を計算してくれます。勤務日数や時間などを取りまとめ、時間給と掛け合わせてくれます。もちろん深夜給や8時間以上の割り増し給などの計算も可能なので、すべてを含んで給与計算してくれるのであとはチェックするだけです。タイムカードアプリで勤怠管理ができるだけではなく、その先の給与計算までまとめて行ってくれるので、1つのアプリでできることが幅広く負担を減らすことができます。