タイムカードアプリの具体的な活用方法は?

勤怠管理をより使いやすく!

社員の勤怠管理に大切なタイムカードですが、紙のタイムカードだと紛失や不正などが起こる事もあります。そこで、そのような心配を解決するのがタイムカードアプリです。画面をタップするという手軽な操作一つでタイムカードを押したのと同じ効果があります。ただ、本当に本人がタップしたのか疑う方もいるかと思いますが、タップと同時に押した人の顔写真を撮影しているので後で名前と顔が一致しているかを確認することが出来ます。そうした不正が出来ない仕様になっているので、紙製のタイムカードよりも安心して利用できる側面があります。他にも、顔写真を撮影して笑顔を測定する機能があるなど、多彩な機能が盛り込まれているタイムカードアプリも存在します。

給与管理もおまかせなタイムカードアプリ!

タイムカードアプリには勤怠管理だけでなく、社員ごとの設定をすることが出来ます。雇用形態を設定したりシフトや支店名など細かい設定をすることが可能です。その設定を活かして、給与計算や査定に使うことが出来ます。また、アプリ内だけでなくデータをパソコンへ移すことも出来るので、一人ずつデータとして勤怠記録を起こす必要が無いのでその分余計なコストをかけなくて済みます。外部との連携も取れるのでより効率的に管理をすることが可能となります。ただ、タイムカードアプリは様々あり、無料で使えるものや機能の違い、サポート体制の差などあるので自社で導入しやすそうなものを選ぶと良いでしょう。運用の仕方を考えるのも大切なのです。