タイムカードアプリのメリット、デメリットとは?

タイムカードアプリを使うメリットとは

IT機器の進化により、これまでオフラインで行ってきた作業を簡素化できるメリットが注目されています。タイムカードアプリもそのひとつ。タイムカードアプリを使う大きなメリットは、出勤や退勤の時間管理が簡単になることです。もちろん、残業などの時間外勤務にも対応できます。
従業員の勤務状況をタイムカードで管理する方法は、多くの企業が取り入れてきました。こちらの方法は、本人がタイムカードを機械に打刻する仕組みですが、必ずしも正確な記録が残せるとは限りません。しかし、タイムカードアプリは本人が持つ携帯端末を使うため、出勤時間などを正確に残すことができるのです。
また、従業員の給与計算との連携によって仕事の軽減ができるため、担当部署にとっては大変ありがたい存在です。もし、残業手当が異なっているときはアプリの記録が証拠になることから、従業員にとっても心強い味方ではないでしょうか。

デメリットがあることも知っておこう

一方、タイムカードアプリにはデメリットがあることも把握しておきましょう。携帯端末を持たない人はタイムアプリを使うことができないため、その点が不便ではないでしょうか。アプリの内容をほかの端末に引き継げないこともデメリットのひとつです。もし、端末を交換するときは、データのバックアップが欠かせません。また、なんらかの拍子にデータを消してしまうリスクもあります。タイムカードアプリは便利な存在だけに、想定外のトラブルに遭ったときは代償が大きいことも知っておきたいですね。 なお、タイムカードアプリを導入するには、費用の発生を見逃すことができません。そのため、タイムカードアプリの導入に際しては、会社経営者を納得させるだけの裏付けが必要になってきます。